×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

短眠を知る(概日リズム睡眠障害)|2週間で3時間短眠になる簡単な方法があります。

なぜ、“戦争中の兵士”は1日4時間半睡眠で現代人よりも健康的でエネルギッシュだったのか?この秘密を応用し“短眠”をマスターした男のわずか2週間で3時間短眠を手に入れる・・・。その方法を全て今からあなたにお話しします。

短眠を知る(概日リズム睡眠障害)

フリー百科事典ウィキペディア『概日リズム睡眠障害』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/概日リズム睡眠障害

概日リズム睡眠障害(がいじつリズムすいみんしょうがい)とは、概日リズムの障害に基づくと考えられる睡眠障害の一群である。

概日リズム睡眠障害を持つ人は出勤、登校、その他の社会生活において要求される通常の時間に寝起きすることができない。

もし自らの体内時計の要求する時間に寝起きすることが許されるのならば、彼らは通常十分な睡眠をとることができる。

その他の睡眠障害を併せ持っていない限り睡眠の質も通常である。

人は、概日リズムとして知られる約24時間周期の体内時計を持っており、これに従って一日の生活を送る。

体内時計の影響により、眠気は時間経過と共に増加の一途をたどる訳ではない。

人の睡眠に対する要求と熟睡する能力は、「十分な睡眠から目覚めた後からの経過時間」と「内在的な概日リズム」の両方に影響される。

このように、体は一日の違う時間帯に睡眠と覚醒に適した状態になる。

短眠方法をマスターするにはコチラをクリック







インデックス

藤本式短眠法

短眠を知る

当サイトについて

リンク集

このエントリーをはてなブックマークに追加